Interview インタビュー

自ら考えて、最善の答えを出す。そこから信頼や安心が生まれる。

Nurse 看護師

丸山 梨絵 Rie Maruyama

グランケアあざみ野 看護師

2013年入社

総合病院の外科病棟で5年間看護師として働いた後、大学に入学して心理学を学んだ。その間、夜勤専従のパートとして勤務したのが東急イーライフデザインだった。 結婚のタイミングで正社員にと声をかけられて、現在に至る。 結婚・出産を経て、また看護師として病院に戻るのは精神的にも時間的にもキツイ。戻ってもたぶん辞めていただろうと話す。

時短勤務によって、時間への意識も変化。

実はパートとして夜勤専従職員になる前、派遣会社の方に介護業界という選択肢を提示される前は、看護師の転職先として考えたことはありませんでした。でも実際に転職してみて、働き方への配慮もしっかりありますし福利厚生が充実していることは、出産というライフイベントを経る女性にとってはとても働きやすい環境だと思っています。わたしは現在3歳の子供の子育て中で、時短勤務で働いています。妊娠中の配慮だけでなく、産前産後の休暇も含め、非常に助かっています。と同時に、自分自身の時間に対する意識も大きく変わりました。自ら考えて動くことによって、先取り行動ができる。それによって時間を効率的に使う働き方が身に付いたと思います。今後は子育てと仕事をうまく両立しつつ、認知症の認定看護師の資格も取得したいと思いますし、勤務する施設だけでなく、グランクレールとの連携を含めた運営に携わるような立場になっていかなければと考えています。

ご入居者だけでなくご家族も含め、じっくりと向き合える喜び。

急性期の患者さまを担当していた病院時代とは異なり、現在は長くご入居者と向き合えることが仕事をする上でのやりがいとなっています。またクリニックへ通院されている方の診察結果のご報告など、ご家族との接点も多く、安心、信頼していただけていると感じることは仕事の喜びのひとつです。普段はケアコール対応や、発熱や体調不良、食欲不振といった介護士からの連絡でお部屋を訪問するのがメインの仕事です。またふたつの委員会活動をしながら、個人的に環境美化に取り組んでいます。自ら上司に、施設内の整理と美化に取り組みたいと相談し「いいんじゃない?やってみて」とスタートしました。個人の気付きや提案を、すぐに取り入れてくれる柔軟さも働きやすさの理由のひとつです。そもそも病院の看護師は、医師の指示に従う仕事。でもここでは、ご本人やご家族の希望も取り入れた上で、自分たちで考えて答えを出します。答えはいくつもあり、その中から最善を選んで実施することで安心や信頼をいただける。そんな仕事だからこそのやりがいがあります。

Career Step キャリア紹介

2009

パート入社

グランケアあざみ野に夜勤専従パートとして入社

2013

結婚・正社員に

結婚を機に「正社員に」と声をかけられ、正社員として入社

2014

出産 − 現在に至る

出産を経て、現在は時短勤務

One Day ある1日のスケジュール

07:00
起床
朝食 支度
08:40
子供を連れて保育園に
08:55
出勤
09:00
看護師申し送り
09:15
朝礼
09:20
担当フロア内服の最終確認 状態確認
排便コントロールなど
11:00
経管栄養 創傷処置 昼の内服確認 健康相談
ご家族対応 医師からの指示受け
16:30
申し送り 記録 残務処理
17:00
終業
17:15
保育園お迎え
17:30
帰宅
夕食など家事
22:00
就寝
ページトップへ