Interview インタビュー

介護職のゆとりは、ご入居者の笑顔につながる。

Care worker 介護職

西谷 槙 Maki Nishiya

グランケアあざみ野 介護職

2013年入社

看護師である母の影響から介護職に。2年半の経験を経て、母の勧めもあって東急イーライフデザインに転職。トータルで7年の実績。
勤務体制や職場環境の大きな違い、入居者向けアクティビティの充実ぶりに驚く。
夜勤も少なくなりプライベートの時間に余裕ができたため、ショッピングに出かけることが増えたという。

スタッフに余裕があるから、ご入居者も笑顔で暮らせる。

転職してもっとも大きな違いがあると思ったのは、スタッフの数と勤務体系でした。当社にはリネンスタッフや掃除スタッフが専任でいるために、介護職は介護に専念できる環境があります。またアクティビティ担当者もいるために、施設内で開催されるイベントや体験教室、趣味の教室だけでなく、外出を伴うイベントが非常に充実していることに、転職してきて驚きました。それらの業務も介護職が担ってきた前職では、常に時間が足りないという状況でしたから。現在は介護に専念できますしベテランも揃っているために、ご入居者の「散歩に出たい」「こんなものが食べたい」というご希望にも、出来る限りお応えできる余裕があるんです。ですからご入居者も、のびのびとして笑顔の多い生活が送れていらっしゃるのだと感じています。また24時間看護師常駐のため、ターミナルケアまでお手伝いできることも介護職にとってはやりがいです。最後は病院にお見送りするしかなかった前職では、そこが悔いとなっていましたから。

カフェテリアプランで、キャリアアップもプライベートも自由にデザイン。

福利厚生の充実度も、転職にあたって大きな魅力のひとつでした。特に気に入っているのがカフェテリアプランです。スクールの受講補助、育児費用補助、旅行費補助など約20のプランの中から利用できるのですが、わたしはメガネ・コンタクトの購入や美容院代などに活用しています。介護福祉士の資格を取った際にはタイミングが合わずカフェテリアプランは利用しませんでしたが、キャリアアップのための研修にも利用できますし、お子さんのいる方はお子さんに手当を使ったり、それぞれの目的に合わせて選べる自由度の高さがポイントではないでしょうか。今後のキャリアステップについては、そろそろ中堅社員としてリーダーシップを身に付けたいと思っています。ケアマネジャーの勉強も必要だと感じていますし、いずれは住宅介護も経験してみたい。まだまだ、やってみたいことはたくさんありますし、そのためにもコミュニケーションのスキルを磨くことが今の課題です。

Career Step キャリア紹介

2013

入社

グランケアあざみ野に配属
「菖蒲ユニット」を担当する ※1

2016

同施設内で芭蕉ユニットに異動

※1 菖蒲ユニットとは、グランケアあざみ野のユニットの一つ。

ご入居者お一人おひとりとの信頼関係をつくることで、家庭的な雰囲気と、
密度の濃い関わりが生まれます。その中で多くの情報を共有し、
個々の生きがいを共に見出し支援するために顔なじみのスタッフによる
きめ細やかなユニットケア(チームケア)を実践しています。

また各ユニットのご入居者は10名前後で、 スタッフは5~6名を配置しています。

One Day ある1日のスケジュール

06:00
起床
07:00
出社
07:30
業務開始
08:00
朝食配ぜん 食事介助
09:00
口腔ケア 排泄介助
10:00
配茶
11:00
休憩
12:00
昼食配ぜん 食事介助
(遅番の場合はここから勤務)
13:00
入浴や散歩など
(遅番の場合は口腔ケア 排泄介助も)
16:00
介護記録など事務作業など
(遅番の場合は休憩)
16:30
業務終了
買い物
17:45
帰宅
夕食準備・家事
23:00
就 寝
ページトップへ