お知らせ

  • お知らせ
  • 2020.04.19
  • 「アリスタージュ経堂」に勤務する職員の新型コロナウィルス感染判明について

2020年4月19日
株式会社東急イーライフデザイン
 
「アリスタージュ経堂」に勤務する職員の新型コロナウイルス感染判明について
 
株式会社東急イーライフデザイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 靖人)は、当社が介護業務を受託する有料老人ホーム「アリスタージュ経堂」に勤務する介護職員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしましたので、お知らせいたします。お客様および関係者の皆様には、ご心配をおかけすることとなり、心よりお詫びを申し上げます。
 
 当該職員は4月11日に発熱の症状があっため、出勤を見合わせ、その後発熱が続いたため自宅にて療養を続けておりました。その後、4月18日にPCR検査を受け、同日、陽性と判明いたしました。当該職員は軽症ですが、本人の希望もあり、現在入院しております。
 昨日、保健所の調査を受け、「アリスタージュ経堂」のご入居者および職員に濃厚接触者はいないと確認を受けております。
また、「アリスタージュ経堂」において、ご入居者および職員に、当該職員の感染と直接関連すると考えられる体調変化等は、現段階では確認されておりません。
 
当該職員の感染が判明したことを受け、当該職員が勤務に従事していたスペースの消毒作業をおこなったほか、手すり、ドアノブ、エレベーター押しボタン等、直接手に触れる部分の消毒の強化をおこないました。
 
当社といたしましては、これまでに、職員のマスク装着、出勤前・出勤時検温、うがい、手洗い、アルコール消毒の実施、館内の消毒、定期的な換気の実施など標準の感染予防策の徹底、ご家族の面会制限を含む来館者制限の実施、ご入居者、職員等の体調の観察等を行い、新型コロナウイルスを含む感染症の拡大防止に努めてまいりました。
 
今般の職員の感染を受け、改めて感染予防策の徹底を図るなど、一層の感染予防を行ってまいります。
 
以 上